アルツハイマー型認知症を疑う具体的な症状とは

アルツハイマー型認知症を疑うきっかけって、どういった行動、どういった言動があるのでしょうか?当ブログで、度々ご紹介している書籍「ボケは止められる!」から症例をご紹介します。

きっかけは、伴侶の死

【ケース 4】アルツハイマー型認知症 小松八重子さん(仮名)・初診時78歳・女性

水道の出しっぱなし、ガスの消し忘れ、物盗られ妄想が現れる

小松八重子さんは、小学校の教師を定年まで勤め上げ、その後はご主人と穏やかな生活をおくっていました。
お二人ははた目から見ても、とても仲の良いご夫婦で、どこへ行くにも一緒。年に二度の温泉旅行は、定例になっていたそうです。
ところが、そのご主人が2年ほど前に亡くなりました。それを機に、長男夫婦と同居。
その頃から、小松さんにもの忘れが出現するようになったそうです。

アルツハイマー型認知症の具体的な症状とは

症状は、次第に進行し、買い物に行くたびに、同じ食品を買ってきたり、水道を出しっ放しにしたり、ガスに鍋をかけているのを忘れて別のことを始めたり……、
そんななことが、頻繁に見られるようになりました。

お嫁さんが、その都度注意をしていましたが、ますますひどくなる一方でした。
そして、ある日のこと、「あなた、私の財布を盗ったでしょう!?」
小松さんに、「物盗られ妄想」が出現しました。

もの忘れ外来での受診

そのため、近くのもの忘れ外来を受診。お嫁さんが一緒に付き添って行ったそうです。
ご本人は、最近、よくものを置き忘れて、捜すことが多くなったことは認めるものの、「年齢のせい」といい、病識はあまりない状態。
お嫁さんが、
「最近、財布が見つからないことがよくあるが、そういうときは必ず私が盗ったという」
「一緒に探すと、座布団の下とか、冷蔵庫の中から出てきたりする」
と、医師に説明すると、小松さんは、「あなたが隠したくせに」と、小声で吐き捨てるようにいったそうです。

病院外観

知能テスト、MRI検査の結果、診断はアルツハイマー型認知症でした。
その日の夜、長男夫婦は、今後、小松さんをずっと自宅で介護していくのか、あるいは施設等に入所させるか、入所させるとしたらいつの時点がいいのか、さまざまな可能性を検討し、話し合いました。
そして、出た結論は、できるだけ自宅で一緒に生活しよう。ただし、がんばりすぎないこと。行政の支援も活用しよう……ということでした。
そこで、具体的な検討を進めるにあたり、小松さんの病気の進行度を詳しく調べようと受診をしました。

画像検査によりアルツハイマー型認知症の進行度合いが分かる

画像検査の結果、MRI検査では、海馬に明らかな萎縮が見られ、また、FDG-PET検査では、後部帯状回から楔前部(けつぜんぶ)にかけて、さらに頭頂葉皮質も、糖代謝低下が確認されました。
診断は、アルツハイマー病。病気の進行程度は「初期」と判明しました。

物盗られ妄想とは?

認知症で起きやすい症状の一つに、「妄想」があります。物盗られ妄想は、被害妄想の一つで、財布や現金などを盗まれたと思い込んでしまうことを言います。
実際には本人が、しまい忘れたり、置き忘れたりしたものですが、人に盗まれたと思い込んでしまいます。
身の回りのことは自立して行えるような、初期状態の人によくあらわれる症状で、男性よりも女性によく見られることが特徴です。
加齢による「物忘れ」だと、自分が無くしたという自覚がありますが、認知症の物盗られ妄想の場合は、自分が失くした自覚はありません。
認知症特有の記憶障害によって置き忘れた事実を覚えていられず、「ない=盗まれた」と目に入った身近な人を疑ってしまうようです。

困ったことに、この妄想の対象となるのはほとんどが、介護をしている時間が長い、ごく身近な人です。
この事例の女性も、お嫁さんを疑っていましたね。
お嫁さんの立場からすれば、一生懸命にお世話をしたのに・・・と、疑われ罵られ、たまったものではありません。
しかし、それだけ本人に関わり、信頼されていたという証拠でもあります。

物盗られ妄想の原因は?

「家族に迷惑をかけてしまっている」といった負い目や、身近なひとが亡くなったり、引っ越しやヘルパーさんが変わったなど、環境が変わったりすることが不安の原因となり「物盗られ妄想」の症状となって現れるとされています。
もともとの性格に加えて記憶障害や思考能力・感情や判断力の低下、不安定な心理状態などさまざまな原因が絡み合って起こります。

物盗られ妄想の対処法は?

面と向かって暴言を吐かれ、行き場のないイライラがつのりますが「これは認知症という病気のせいだ」と理解し、余裕を持った態度で接することが重要です。

何より大切なことは「否定しない」こと。

妄想は認知症よる思い込みなので、本人は「自分は間違っていない」と思い込んでいます。否定されると「自分のことを信じてもらえない」と感じ、不安や怒りから、さらに妄想が強くなることがあります。
肯定も否定もせず「財布がないの?それは大変、一緒に探しましょう。」などと同意し、受け止め、落ち着いて話を聞いてあげることを続けることで、次第に改善に向かっていくこともあるようです。

また、生活の中で役割をもたせることも良いといいます。
物盗られ妄想は認知症の初期に現れるとお伝えした通り、認知症初期の方は、これまでと違う自分に自信を失う方も多いです。
そんな中、「自分も役割を果たせている」という自信を持ってもらえると、一方的に介護されているという負い目が軽減されて良い方向に作用することもあるようです。
たとえ認知症になってしまっても、自尊心は持っています。「頼られている」と感じられたり、社会と関わることが、進行を遅らせることにつながるのです。

まとめ

「物盗られ妄想は、認知症初期特有の症状なので、時間の経過とともに自然と治まって来ます。」
こう聞いて、安心しましたか?
「時間の経過とともに、自然と治まる」これは、認知症が進行したことによるものなので、安心してはダメです!!

認知症の進行と症状をまとめると、

  • 初期 -記憶に関わる症状-
    ・同じことを何度も言ったり聞いたりする
    ・財布などを置き忘れたり、しまい忘れたりする(物盗られ妄想)
    ・水道を出しっ放し、ガスの火を消し忘れたりする
    ・興味を持っていたことに関心がなくなる
  • 中期 -行動・心理症状に関わる症状-
    ・日時や場所がわからなくなる
    ・徘徊
    ・幻覚
    ・言葉の意味が分からなくなり意味のある言葉が話せなくなる、失語
    ・食事や入浴、着替えなど日常生活に介助が必要になる
  • 後期 -認知機能・身体機能の著しい低下-
    ・会話が成り立たない意思疎通ができない
    ・家族が誰かもわからなくなる
    ・表情が乏しくなり、反応がなくなる
    ・尿、便の失禁が常態化
    ・寝たきりになる

このことから、やはり認知症は早期に発見し、それ以上の進行を防ぐことが重要であると、お判りいただけると思います。
そのためには、FDE-PETによる画像診断や日頃の食生活、運動習慣などが要となって来ます。

早期発見に加え、認知症の原因の一つだと言われているホモシステイン酸を還元することも大切だと思っています。
実際に、私の母にはホモシステイン酸を還元するサプリメントを飲んでもらっていますが、わたしは効果がでてきていると感じています。

ホモシステイン酸を還元するサプリ「1969」のサイト

サプリを選ぶ理由になった認知症の原因「ホモシステイン酸」の説明はこちら

こうしてブログをまとめる度に感じることは、いつも同じです。
アルツハイマー型認知症を発症させないためには、日々の規則正しい生活が大切なんだな、ということです。
そう言いながら、自分自身は仕事がら不規則なのでなかなか難しいのですが・・・

みなさまも、お気をつけくださいね。