若年性アルツハイマー病とは

家族性と老年性のタイプがある

アルツハイマー病には、遺伝的な要因によるものと、遺伝とは関係なく、加齢などによって脳が萎縮して認知機能が衰えるタイプがあり、前者は「家族性アルツハイマー病」、後者は「孤発性アルツハイマー病」と呼ばれています。家族性アルツハイマー病は、ある特定の遺伝子が変異して起こることがわかっており、両親のどちらかが家族性アルツハイマー病であると、その子どもは性差に関係なく2分の1の確率でその遺伝子を引き継ぐことになり、極めて高い確率で発症します。

また、多くの場合、30歳代から50歳代という比較的若い年代で発症するという特徴があります。しかし、アルツハイマー病患者全体でみると、家族性アルツハイマー病はわずか数%(1〜5%)といわれており、非常にまれです。

65歳未満で発症するのが若年性アルツハイマー病

「若年性アルツハイマー病」という病名を聞いたことがあると思いますが、これは65歳未満で発症するアルツハイマー病を指します。今、お話しした家族性アルツハイマー病のほとんどは、この若年性アルツハイマー病に該当します。65歳以上の老年性のアルツハイマー病は、海馬の萎縮で記憶がなくなるのが主な症状ですが、若年性アルツハイマー病は連合野の障害から始まって、だんだん前に進んで前頭葉が壊れていくという経過をたどり、人格障害が起こります。初期症状は、うつ病などと似ており、不眠やイライラの日が続き、ささいなことで大声をあげて怒り出したり、人格の変化、幻覚、妄想が起こることがあります。また、忘れるという記憶障害に留まらず、人、時間、場所と自分との関係が理解できなくなったり、普段の生活のことも考えることができなくなり、さらには家族の顔や名前もわからなくなり、意欲や体の機能も低下して、歩行もままならなくなります。

老年性より発症率は低いですが、発症すると進行が早く、症状も重く出るのが特徴です。

典型的な症状事例

ある日、ささいなことで夫が大声で怒り出した。そんな異変から、若年性アルツハイマー病は始まります。
妻は、夫が仕事で精神的に追いつめられているのではないか、あるいはほかに何か原因があるのかもしれないと心配し、心療内科の受診をすすめます。そこで夫はうつ病と診断され、抗うつ剤の服用を始めるケースが見受けられます。そして、しばらくすると仕事や日常生活に支障が現れてきます。

例えば、仕事では取引先との会議を無断欠席。クレームが入ると、「そんな会議を約束したことはありません」という答え。あるいは、上司が、「明後日までにこのレポートをやっておくように」と指示をしても、やっていない。「この間、やっておくようにと言ったじゃないか」と上司に言われると、「すみません」と謝るのですが、実際は何を指示されたか覚えていないし、指示されたという記憶もない。こんなことが何度かあると、上司からの信頼は失い、同僚からも非難の声があがるようになります。

こういう人は、要注意です。また、自分のまわりにこういう部下や同僚がいたら、「若年性アルツハイマー病を疑ったほうがいい」といってあげることが大事です。